精神科

精神科の診療は、月曜・水曜午前中(9:00~12:00)と、金曜午後(15:00~16:30)の週3回行っています。

こんな症状が続く場合はご相談ください

  • 気分が落ち込む
  • 今まで楽しかった事が楽しく感じられない
  • 注意力や集中力がなくなってしまった
  • 家事が手につかない
  • 眠れない
  • 同じ事をグルグル考えてしまう
  • イライラする
  • 人の視線や言葉がとても気になってしまう

働く世代の方の鬱病が増えています

「ある朝起きたら会社に行けなくなっていた」。働く世代の方の、こんな鬱病が増えています。
気分が落ち込む、眠れない、食欲がない……これらは鬱病のサインかもしれません。我慢して悪化する前に、お気軽にご相談ください。

夜間せん妄、徘徊、暴力暴言など認知症に伴う周辺症状

当院の神経内科で認知症の診察を行った際に、周辺症状が強くなった場合は精神科と連係を取って治療に当たります。

更年期障害

更年期障害において不安感等が強い場合は精神科でスムーズに対応できるケースがあります。お気軽にご相談ください。

内科・精神科標榜のクリニックを受診するメリット

当院は、内科・神経内科・精神科の3つの科を標榜するクリニックです。
不眠、食欲低下、意欲低下などの症状はまず内科で診察することが可能です。
内科での診察の結果、必要に応じて当院内の精神科で治療に当たることができますので、辛さを我慢せず、お気軽にご相談ください。

精神科→内科・神経内科

精神科を受診されて患者さんが風邪を引いた場合など、同日に内科で診察することができます。「病院を掛け持ちせずにすむから楽ちん」と好評です。

内科・神経内科→精神科

不眠や食欲不振で内科を受診された患者さんが精神的な原因を抱えていらっしゃる場合に、ごく気軽に精神科につなぐことができます。内科を受診した「ついでに」と精神科を受診される患者さんが多いです。
精神科治療の「最初の一歩」が踏み出しやすく、まずは「相談してみる」という気軽なお気持ちで受診して頂くことができます。

治療例

「お腹が痛い」と内科目的で受診された患者さんに。。
原因はストレスによる過敏性腸症であったため、内科を受診されたその日に精神科でも診察をして、根本から治療しました。

頭痛 めまい しびれ 認知症 禁煙外来 スタッフブログ